超カンタンなインテリアリフォーム術とは?

お金も時間もかけたくない

お部屋のイメージを簡単に変えたい、と思ったらどんなことを考えますか?家具の買い換えや配置換え、壁や床の素材を変えるとなると少し大がかりですよね。そんなときには、意外と目に入る面積を占めている窓のイメージを変えてみることをお勧めします。なかでも一番手っ取り早くリーズナブルなのが、今あるカーテンを変える事ですね。カーテンにも様々なタイプや役割があります。お部屋の目的に合わせて生地の素材、色、柄選びをしてみてはいかがでしょう。

お部屋のタイプに合わせて考えてみると

例えば、家族みんなが集まったり、お客様も招き入れるようなリビングや客間のカーテンには、誰もが好印象であるような、飽きのこない色柄が無難かと思われます。食事をしたり、多くの時間を過ごす場所でもあるので、汚れや臭い、光による退色などにも耐えやすい素材を考えた方がよいでしょう。生地の薄いプリントのものより、織物の少し厚手のものの方が長持ちします。個人の部屋や特別なルームにおいては、個性的な感覚を十分に発揮して好きな生地をチョイスしてください。その際、寝室としての遮光性を考えるのなら、遮光カーテン3級以上をお勧めしたいです。また、ダブル掛けのレースカーテンも用途に合わせてお選びいただけます。

窓周りにお勧めのニューフェイス

カーテンのほかにもインテリアを演出するパーツがたくさんあるんです。ものによってはカーテン生地と同じものを使えるローマンシェード、ロールスクリーン、プリーツスクリーンなどは、カーテンの横開閉に対して縦の上げ下げで、たるみの少ない分窓をスッキリ、シャープに見せることが出来ます。また、調光機能が抜群のブラインドですが、最近では色、柄、素材やスラット幅(羽根の部分)も様々ですので、どんなお部屋のインテリアにも沿うような工夫がなされています。窓周りだけをとっても、インテリアを考えるのって、とっても楽しいですよね!

ひもカーテンの上手な選び方について興味があれば、インテリアショップやホームセンターなどに通うことが大事です。