注目!太陽光発電システムの知っておきたい基礎知識

太陽光発電システムを取り入れて電気代を節約する

太陽光発電システムを自宅に取り入れると、電気代を節約することが出来ます。太陽光発電システムとは、自宅の屋根に取り付けたソーラーパネルによって太陽の光を受けて、電気を作り出すことです。自宅で電気を作ることが出来ますので、電力会社の電気を使用する必要がなくなりますので、その分電気代を抑えられるメリットがあります。さらにオール電化を取り入れると作った電気を無駄なく使用することが出来ますので、太陽光発電のメリットが大きくなります。

余った電気は買取ってもらうことが可能

太陽光発電システムによって作り出した電気は、電力会社に買取ってもらうことが可能です。買取価格は国によって定められており、10年間は買取価格が固定されていますので、長期的に売電収入を見込むことが可能です。太陽光発電システムの設置に金融機関のソーラーローンを利用した場合でも、毎月の売電収入によって月々のローンの返済負担を賄うことも可能ですので、月々の費用負担を発生させずに太陽光発電システムを導入することが可能です。

夜間は電力会社の電気を使用する必要がある

太陽光発電システムで作り出した電気は、基本的に貯めておくことが出来ません。その為、太陽が出ている日中に作り出した電気は日中の内に使ってしまう必要があります。また、夜中や雨の日などは太陽の光を受けることが出来ませんので、電気を作り出すことが出来ません。その為、これまで通り電力会社の電気を使用する必要があります。もし、作った電気を効率良く利用したい場合は、蓄電池を設置する方法があります。そうすれば日中に作った電気を夜中に使用することが出来ます。

太陽光発電の価格について比較する場合は、単純に初期費用の価格だけを比較すると失敗します。太陽光パネルは消耗品なので、耐久性や保証期間などをトータルで比較する必要があります。