フランチャイズを始める場合に知って起きたいこと

近い将来も予想しておくこと

フランチャイズを始める場合にはどうしたら失敗をせずに続けることができるのでしょうか。まずは、扱うお店の種類を決めることです。お店によっては今後流行るお店とあまり流行らないお店があります。フランチャイズの場合にはお店の看板を背負っており、その看板次第でお客さんの料も変わりますので看板の重要性を考え無ければなりません。予想は難しいですが、これから数年後はどうなるかを考えておくべきです。少なくとも数千万円出すのであればその位の予想はかなりじっくり時間を掛けて考えるべきです。

本部を信用することができるか

フランチャイズ店の本部には加盟店を裏切るような話もあります。自分が土地を見つけてここなら商売がうまくいくだろうというところにフランチャイズでお店を開いてからしばらくすると、そのお店のすぐそばに本部が直営店を置くことがありました。その結果、売り上げが2分してしまい売り上げがおよそ半分まで落ち込んでしまったと言うことがありました。このように冗談でしょ?というようなことを平気でする本部もありますので、口コミや評判をしっかり調べておきましょう。

最後は自分自身の問題

以上のように、フランチャイズを始めるときには様々な条件を自分で調べる必要があります。ですが、最終的には自分が好きでお店を経営することができるかどうかが大事になります。なぜなら,フランチャイズの経営は365日休みはありません。休みを作るかどうかは自分次第ですが、常にどこにいてもお店の心配をしていなければならないのです。そう考えると、本当にその仕事を好きで続けることができるか、一年中その仕事をしていても苦痛じゃ無いかが大事になるのです。

メーカーや仕入先と直接契約を結んでいる会社や店のことを言います。代理店はメーカーから便宜を図ってもらい、その対価としてロイヤリティを支払います。