個人事業主が知るべき「営業代行サービス」

なんでも一人でやるのは限界がある!

業務委託や派遣社員などのアウトソーシングサービスを利用して経営の効率化を図るのは現在では当たり前になってきましたが、それでもアウトソーシングスタッフのほとんどが技術者というイメージがあります。しかし、技術系の業務のみならず、営業やマーケティングを代行するサービスも普及してきています。アウトソーシングは大きな会社だけの世界…と思われがちですが、個人事業主もこれを活用しない手はありません。特に技術系のスキルで独立したエンジニアなどは営業を代行サービスに委託し、受注した仕事に集中する事も出来ます。苦手な分野はアウトソーシングサービスの活用を検討するのも良いでしょう。

完全報酬型の営業代行サービス

個人事業を展開していると使える予算は大企業とは比較にならないほど少ないです。最初から勝てる話ではありません。大きなマーケティングチームを作り、広告から一括して販売計画を立てられる企業とは本質的に異なります。そんな予算が限られた中で活用出来るサービスが「完全報酬型営業代行」です。これは仕事を受注した場合に成功報酬として費用を払うシステムのため負担が大きくありません。また優秀な営業マンを育成するまでの手間やコスト、離職や人事管理マネジメントに至るまでの付随するリスクを払拭出来る点は個人事業主には心強いサービスです。

営業代行サービスを導入する際の注意点

営業代行サービスは名前の通り「営業に関する業務を代行する」という事を念頭に置く必要があります。その為、仕事の内容だけでなく予算や事業計画そのものを明確に伝える必要があります。曖昧なまま何となく依頼すると結果が出ないだけでなく自社のイメージダウンに繋がったり、その後の事業展開に悪影響が出る可能性があります。また商品情報や顧客情報も開示する必要が出てくる為、情報管理の徹底が必要になります。機密情報が漏洩すると信用問題に関わるだけでなく、最悪の場合は損害賠償や法的責任を負わされる事も考えられます。それらの点を踏まえて、よきビジネスパートナーとしての営業代行サービス業者を選定すると良いでしょう。

営業代行とは、簡単に言えば、営業の外部委託のことをいいます。営業に時間が割けない会社や新規顧客を獲得したい会社が、営業のプロフェッショナルである代行業者にその業務を委託します。