案外知らない!?自営業の始め方と押さえておくポイント

どういったタイミングで自営業を始めるか

現在サラリーマンとして働く人の中には独立し、自営業を始めたいと考える人がいます。ですがなかなか踏ん切りがつかず、二の足を踏んでしまう人も少なくありません。その為まずはどういったタイミングで始めるべきか、その際に押さえておきたいポイントはどこかについて知っておかねばなりません。独立を行うタイミングとしては、今後のライフプラン、万が一成功しなかった時にどうするか、しっかり事業計画書などによって確認しておかねばなりません。特に軌道に乗るまで時間がかかることもあり、十分な貯蓄がなければ難しいことが多いです。

自営業を始める際にしておくこと

自営業を始める際に重要なのが届け出です。特に自営業者にとって数多くの恩恵を受けられる青色申告は開業後一定期間内に提出する必要があり、これに遅れてしまうと、来年以降でないと制度を利用できなくなってしまいます。また税務面だけでなく、ハローワークで雇用保険の手続や、年金事務所で社会保険の手続も必要となります。ただしこれらは個人事業主の場合、人を雇うなどの一定の条件を満たさない限りは加入は必要ないため、しっかり条件について確認しておくとよいでしょう。

個人事業を始めたら押さえるポイント

個人事業を営む上で、なんといっても重要なのが日々の資金繰りです。特に売掛や買掛を利用する場合、目に見える資金以外の部分にも着目しなければ、資金繰りがショートしてしまうことがあります。そのため特に忙しい開業直後などであっても、しっかりとレシートや領収書といった信憑書類のチェックを行い、帳簿を毎日つけておくことが重要です。また自身だけで管理が難しい場合は、税理士などに依頼するのも一つの手です。上記のポイントを押さえつつ、独立を検討することをお勧めします。

フランチャイズとは、流通における事業形態の一つで、一方が自己の商標・商号を提供し、他方がそれに対する対価を支払うことで成り立つ事業契約です。